リードの使い方

オリジナルリード

アイディア次第で無限に広がる使い方
RUMKAのリードは、使う人のライフスタイルに合わせて自由自在にアレンジできます。普段のお散歩、車でのお出かけ、カフェでの一休み、どんなシーンにも対応できます。

肩掛けスタイル (さくらんぼセットのみ可能)

3つの個性豊かなリードを組み合わせることで、肩かけスタイルにできます。
 

肩掛けや腰巻きにすると、散歩中に排せつした際やふとしたときに手を放しても安心です。


リードのアレンジは幅広く、Wリードやシングルリードで肩掛けにすることも可能です
肩掛けスタイル
肩掛けスタイル
 

腰巻きスタイル (さくらんぼセットのみ可能)

肩掛けスタイルと同様に腰に巻くことも可能です。
 

手を放していられるので、わんこをジョギングやウォーキングのパートナーにできます。


震災などの非常時の避難にも、手が放せるリードは重宝すること間違いナシ。
 
腰巻きスタイル
 

お出かけ先の係留に (てくてくリード、てくてくリードHYPERで可能)

てくてくリードは、持ち手の長さを自在に変えられるので、さまざまな場所に繋ぐことができます。

係留する場所がないときは、飼い主さんの身体に巻きつけることも。

抱っこするときは、持ち手を大きく広げて、たすき掛けに。 わんちゃんの落下を防ぐと同時に、余ったリードを手に持たずに済みます。

震災などの非常時には、チョークリードのようにも活用いただけます。 お出かけ先の係留に
お出かけ先の係留に
 

車に乗るときに (てくてくリード、てくてくリードHYPERで可能)

てくてくリードの持ち手を大きく広げ、シートに巻きつけて下さい。車に乗せるとき、降ろすときなどに便利です。


この使い方は、獣医さんにリードを見せたときに「車に付けられそう」だとアイディアを頂きました。窓から落下するという事故もあるそうです。

また、リードを輪にして、クレートの固定にもご利用頂けます。 車に乗るときに
車に乗るときに