愛犬との暮らしのノウハウ愛犬との暮らしのノウハウ

愛犬と暮らす楽しい日々の中で、
考えたくはないですが時には愛犬が怪我をしたり、病気になったり、
また迷子になってしまうこともあります。
そんな時にどんな行動を取れば良いか。
慌てずに的確な行動をできるよう、それぞれのシーンでの対処法をお教えします。

もし愛犬が迷子になったら

  • 情報をまとめ、紙に書き出しましょう。

    1.情報をまとめ、紙に書き出しましょう。

    この手帳のプロフィールページに迷子探しの必要事項をまとめてあります。ポイントは客観的に書くこと。逸走直前に身に着けていた首輪の色や服なども重要な情報です。

  • 写真を用意しましょう。

    2.写真を用意しましょう。

    顔、全身写真を2枚程度。色や模様、特徴がわかりやすい写真を!

  • 関係機関に連絡しましょう。

    3.関係機関に連絡しましょう。

    動物指導センター、警察(交番)、迷子になった場所の近隣の動物病院などに連絡してみましょう。すでに保護されていることもあります。


    すぐに動くことが大切!

    迷子探しポスター

    RUMKAで商品をご購入の際に同梱される「愛犬手帳」内のプロフィールページをコピーすると、迷子探しのポスターになります。近隣のコンビニエンスストアや動物病院に掲示してもらいましょう。

    考えたくないけど…

    迷子になっている間、交通事故で死亡していることもあります。道路にある動物の亡骸は各自治体が回収、火葬していることがあります。念のため、確認してみましょう。

出かけ先でアクシデントがあったら出かけ先でアクシデントがあったら

  • まずは落ち着いて、愛犬の状況を確認しましょう。
  • 愛犬に優しく話しかけ、愛犬を落ち着かせましょう。
  • かかりつけの病院に電話し、状況、症状を説明してください。
    適切な応急処置を教えてもらいましょう。

こんなとき、どうする?病院に行くまでに

出血した場合 きれいな水で傷口を洗浄しましょう。
熱中症 身体を冷やしましょう。(身体に水をかける、氷で体を冷やすなど)。
水分補給も忘れずに。 やけど:氷で冷やしましょう。
呼吸していない場合 急いで下さい!大至急!

応急処置にあると便利なもの

  • タンカ(毛布、タオル、大きなごみ袋で代用可)
  • 氷(コンビニで購入可能)
  • 水(コンビニで購入可能)
  • 添え木(骨折時に。わんこの大きさによっては割り箸で)

モバイルショップ

お客様わんこ写真集